サージトロン

高周波ラジオ波メス・サージトロン

サージトロンは炭酸ガスレーザーや電気メスと異なり、熱変性が非常に少ないことが特徴です。
周波数が500kHzの一般的な電気メスは熱変性が650μ(ミクロン)もあり、炭酸ガス(CO²)レーザーでも500μ(ミクロン)の熱変性があります。
サージトロン(4.0MHz)では、たった15μ(ミクロン)の熱変性しかありません。

熱変性が少ないと言うことは、組織を炭化させず、創傷治癒を助け、よりからだにやさしい治療といえます。
さくら美容クリニックでは電気メスや炭酸ガスレーザーではなく、サージトロンを使用して手術やほくろ除去などを行っています。

画像の説明

4.0MHz高周波ラジオ波の威力!
4.0MHzの高周波ラジオ波で切開・止血目的だけでなく、電気メスやレーザーの常識を超える低侵襲性とマイクロ性を可能にしました。
治療前
画像の説明
治療後
画像の説明